失った乳房を再建する治療|脂肪溶解注射という手段がある|一筋の希望の光

脂肪溶解注射という手段がある|一筋の希望の光

レディー

失った乳房を再建する治療

バスト

女性の体を取り戻す

乳房再建とは、主に乳がんなどの病気で失った乳房を再建するという治療法になります。がんの場合、出来るだけがん細胞が集まった部位を切除して除去することで症状を改善させることが出来るので手術が行われます。しかし、女性の体の象徴でもある胸がなくなることで精神的なダメージが大きいと言われています。そこで、乳房再建を行うことでまた女性らしい体を取り戻して精神的な負担を軽くすることが出来ると考えられています。乳房再建をすることで、服装にも困らなくなり外出も億劫じゃなくなるなど様々なメリットが得られることから人気が高いです。治療法は、乳房がどれだけ残っているかによっても違いますが自分の体の組織を利用する方法とインプラントの方法があります。

症状に合わせた治療を選ぶ

乳房再建の治療は、残されている乳房が一定量ある場合は自分の体の組織を一部使って乳房に充てる治療が使われることが多いです。お腹の組織または背中の組織を採取して移植する方法があり、入院期間が比較的長く傷跡が残る場合もありますが自然な乳房の形と柔らかさを維持出来る特徴があります。インプラントの場合は、皮膚を拡張させてからシリコン製の人工の乳房を挿入する形で治療します。手術や入院する時間が短く、体への負担も少ないために出来るだけ短時間で治療を終えたい人に向いています。どちらの治療法を選ぶかは、症状や患者本人の希望によって違ってきます。乳房がまた元の姿に戻ることで、より前向きに人生を生きられるようになります。